社会保険労務士の報酬 独立開業で稼ぐ社労士

社会保険労務士 報酬

独立開業型資格のひとつと言われているのが社会保険労務士(社労士)。働く人のために、身に付けた専門知識を活かします。
独立開業すれば報酬を得るために営業努力をし、事業拡張に努めなければなりません。
しかしながら、自分の頑張りが報酬となって実を結べば年収はアップ。それこそが独立開業して稼ぐ社労士の醍醐味であり、社労士試験の合格を目指すモチベーションになるのです。
このサイトは働きながら社会保険労務士試験の合格を目指す人たちのために開設しました。このような情報がどれほどお役に立つかはわかりませんが、体験談も踏まえながらお伝えしたいと思っています。
最後まで決して諦めないで、みなさんも社労士合格を勝ち取ってください。

HOME >

「企業の健全な発展・労働者の方々の福祉の向上」

=社会保険労務士は、労働・社会保険に関する法律、人事・労務管理の専門家として、企業経営の3要素(ヒト・モノ・カネ)のうち、ヒトの採用から退職までの労働・社会保険に関する諸問題、さらに年金の相談に応じる、ヒトに関するエキスパートです。=
※全国社会保険労務士会連合会ホームページ:http://www.shakaihokenroumushi.jp/ より

社会保険労務士(社労士)のことを理解するには、仕事内容を把握しなければなりません。“企業の健全な発展・労働者の方々の福祉の向上”に欠かせないもののひとつが、労働・社会保険の書類作成や手続きの代理など……と、聞いてもピンときませんね。もし、総務や人事の仕事をしていれば、関連する業務や社労士との接点があるのですが。

「労働・社会保険の書類作成や手続きの代理」は、主に事業主に代わって社労士が担当する仕事。例えば、以下のような内容で、就職した時や退職の時、お世話になります。
・従業員を雇った時の雇用保険や健康保険、厚生年金の加入手続き。
・従業員が退職する際の離職証明書の申請。
・従業員が業務中にケガした時などに行う労働者災害補償保険(労災)の申請。
・給与から天引きする厚生年金や健康保険の金額の基礎となる報酬額の届け出。

法律に基づく届け出や申請はどれもが煩雑な手続きになります。万一、社会保険庁や行政機関に提出する書類に間違いがあれば受理されません。大企業であれば専従者を置くことができても、中小企業では人員を割けず、事業者が行うケースがほとんどです。

しかしながら、事業者がすべてをこなすのは至難の業。そこで、頼りにされるのが社労士なのです。申請書類には代理業務を担当した社労士の署名と押印欄が設けられており、とても責任の重い仕事であり、やりがいの大きい仕事です。

社労士の仕事は届け出や申請の代理にとどまりません。もし、申請などに関する問い合わせや確認があれば、依頼者である事業主に代わって返答したり、陳述したりすることもできます。

社会保険労務士(社労士)になるためには、国家試験(社会保険労務士試験)に合格し、全国社会保険労務士会連合会(連合会)の名簿に登録しなければなりません。登録には実務経験2年以上、または事務指定講習の修了が必要になります。

| トップページ |

Copyright © 2011 社会保険労務士の報酬. All Rights Reserved.