社会保険労務士の報酬 独立開業で稼ぐ社労士

社会保険労務士 報酬

独立開業型資格のひとつと言われているのが社会保険労務士(社労士)。働く人のために、身に付けた専門知識を活かします。
独立開業すれば報酬を得るために営業努力をし、事業拡張に努めなければなりません。
しかしながら、自分の頑張りが報酬となって実を結べば年収はアップ。それこそが独立開業して稼ぐ社労士の醍醐味であり、社労士試験の合格を目指すモチベーションになるのです。
このサイトは働きながら社会保険労務士試験の合格を目指す人たちのために開設しました。このような情報がどれほどお役に立つかはわかりませんが、体験談も踏まえながらお伝えしたいと思っています。
最後まで決して諦めないで、みなさんも社労士合格を勝ち取ってください。

HOME > ページ04

社労士試験合格! 勉強法の確立が第一歩

取りたい資格のベスト10に入る社労士ですが、取得までは険しい道のりだと覚悟してください。合格率は1ケタ台で、難関資格のひとつとして認識されています。しかも、働きながら資格を取りたい、そう考えている人の多くは勉強法で悩んでいます。

資格取得に最適な勉強法を考えてみましょう。「通学」が良いのか? 「独学」か? 働きながら社労士試験合格を目指すなら、何と言っても「通学」です。このサイトは、仕事と勉強を両立し、社労士試験の合格を勝ち取ろうと思っている人向けのサイトです。

巷で言われていることですが、「社労士試験の合格には800~900時間の勉強が必要」とのこと(個人差アリ)。社労士を目指し、専門学校あるいは予備校に通ったとしましょう。毎日ではないので、一体どれくらいの期間通ったら良いのかわかりません。仕事との両立は不可能です。通い続けることも、通える学校を見つけるのも難しいのです。

ならば、一人でコツコツ勉強して社労士試験合格を目指す「独学」。と言っても、これもまた難しいのが現実です。一度社労士試験に関する参考書や問題集を見てください。初めて本格的に法律を学ぶなら、独学は無理。絶対に合格できないわけではありませんが、仕事をしながらできるだけ早く合格したいなら、「独学」は避けるべきです。

ですから「通信」。最近では、通信講座で資格を取るのは当たり前のことになりました。自宅で勉強ができ、しっかりとしたカリキュラムで学べるよう通信講座が増えてきました。“好きな時間に好きな場所で”“自分の理解度に合わせて何度も復習でき”学習効果を高められるのが「通信」の魅力なのです。

残業で遅くなったり、休日出勤があったり、仕事との両立は大変です。一人で立てた計画だと甘えが出てしまいますが、通信講座の決まったカリキュラムなれモチベーションが下がることはありません。一日の勉強時間、週ごとの勉強時間、月ごとの勉強時間を確保しようと、自己管理ができるようになります。

 社労士合格には何と言っても勉強法の確立が不可欠。毎年、8月下旬に行われる社会保険労務士試験に照準を合わせ、しっかり計画を立ててください。決して焦らないで、最後まで諦めないで勉強を続けましょう。そのためにも頼りになる通信講座を選ぶべきです。最後は自信を持って社会保険労務士試験に挑めるよう、通信講座で始めましょう。

◆『社会保険労務士 通信講座』なら ⇒ http://sharoushi-tsusin.com/

| トップページ |

Copyright © 2011 社会保険労務士の報酬. All Rights Reserved.